予防しても出来た妊娠線を消すならクリームでのケア

妊娠線マニアからの一言

「ご出産おめでとうございます!」
妊娠線がお腹や太ももにできて、がっかりしていませんか?

産後に妊娠線ができてしまうのは、ほとんどの人が通る道です。
実は妊娠初期や中期からクリームで予防対策をしても、海外ではストレッチマークと呼ばれる、白い線や赤い線ができてしまいます。

妊娠線は予防よりもできてから消すためにケアをするのが大事なのですね。

「妊娠線は治らないと聞いたけど・・・でも薄くして目立たなくしたい!」
「妊娠線を消すならどんな方法があるのだろう・・・高額な治療費は払えないかなあ」
「安くて手軽なクリームにしよう!・・・でもどれを使えば効くのだろう?」
「自然と消えるんだよね!でも母に聞いたら10年もかかったらしい・・・。」

このように悩んでしまうことは多いですが、それはママになった最初の一歩でもあります。
あきらめる必要なんてのはありません。

妊娠線ができてしまい今ガッカリしているのであれば、30代や40代になっても後悔をし続けることになります。

少しでも気になっているのであれば、まずは妊娠線のケアを始めるようにしましょう。

妊娠線は治らないし完全に消えない!ただ時間が立てば自然と薄くなる

妊娠線は治らないけど薄くなる

お母さんのお腹の目立つ妊娠線があった記憶がないから、治るものだと勘違いをする人は多いです。
しかし、妊娠線は治らないですし、完全には消えない人がほとんどです。

だからと言ってショックを受ける必要はありません。
時間がたてば自然と薄くなるからです。

あなたのお母さんに目立つ妊娠線が無かったのは、何十年も経過をしているので妊娠をしてガタガタになった肌も整っています。

妊娠線は時間が立てば自然と薄くなる症状なのですね。
治すことと薄くなることは似ているようで実は別なのですね。

妊娠線が治らないと聞いてあきらめる必要なんて全くないんですよ。

目立たなくするなら妊娠線ケア!たるんだお腹の皮膚も引き締める

妊娠線は自然と薄くはなりますが、何年や何十年も目立たなくなるまでには時間が必要となります。
女性として大事な20代や30代はあきらめるしかないのですね。

そのため、妊娠線ができた人は目立たなくする為にケアをする人がほとんどです。

そして、妊娠線のケアは産後のたるんだ皮膚を引き締める為にも必要となります。
妊娠をして赤ちゃんが大きく成長をすることで、皮膚も少しづつですが大きくなります。

しかし、出産をすると産後は赤ちゃんがお腹の中にいないので、大きく成長した皮膚がだるんだるんになってしまうのですね。

産後にクリームを使うのは白い線や赤い線を消す為だけではなく、たるんだ皮膚を引き締める効果があるからこそ、多くの人がケアをしているのですね。

妊娠線を消す目的で選ぶクリーム!安い高いではなくアフターケア用

妊娠線クリームの選び方

すでにできた妊娠線を消すのであればアフターケア用のを選ぶようにしましょう。

産後のケアでクリームと言っても高いのは厳しい・・・。
でも値段が安いと効果がなさそう・・・。

妊娠線を消すために使うクリームを選ぶときに、最初に価格のことを考えてしまう人は多いです。
しかし、まず注目する点が間違っています。

妊娠線クリームと言っても予防したい人向けに作られているものや、消したい人向けに成分を配合しているのがあるからです。

価格で選ぶのではなく、アフターケア用に作られたクリームを使うようにしましょう。
そして、価格面が気になる人であればコスパの面で選ぶようにしてください。

無理に高いのを選んでも逆に財政面がストレスを貯めることによって、消えないだけでなく他の肌トラブルになってしまうこともあります。

もちろん、価格の安さには限界がありますが、できるだけ安くて評判のを選びましょう。

薬局やドラッグストアで市販のクリームや予防用を使っていませんか?

薬局やマツキヨのような大型のドラッグストアへ行けば、ニベアやバイオイルや様々なボディクリームが販売されています。

ボディクリームなので保湿をすることで潤いを与え、皮膚のハリや弾力を高めることができます。

そのため、妊娠初期から妊娠中期ごろから予防目的として使う人は多いです。

保湿をすることはアフターケアとしても効果があるので、有効なケアではあります。
ただ、太ったのが原因の肉割れに比べ、妊娠線はひどい症状になっている人が多いです。

それもお腹だけではなく、太ももやお尻や膝裏にできてしまうこともあります。
きちんとケアをする為にも妊娠線ができた人向けのアフターケア用を使うのがおすすめです。

妊娠線を消す3種類の方法!自宅ケアと皮膚科で治療

妊娠線を消す即効性の方法はない

妊娠線を消す方法は3種類あります。
自宅でのケアと皮膚科での治療です。

  1. クリームを使ってケア
  2. レーザーでケア
  3. 炭酸ガスでケア

どの消し方でも共通してるのが、即効性のある方法はないし、薄くはなっても治ることはないってことです。

クリームでは治らないって聞いたし、高額なレーザーでなければ駄目なのかも・・・?
高額な治療費がかかるから、なんとなく聞きそうだし・・・。

このように考えてしまうこともありますが、皮膚科での治療でも治すことはできません。
どれも薄くする為の方法であり、即効性があるほど効果のある治療なんてのはないのですね。

産後のママにはクリームで消す方法がおすすめ!高額な治療費がかかない

妊娠線を消すクリーム産後のママにおすすめなのが、クリームでのケアのみを行うことです。

お金のかかる部分がアフターケア用の妊娠線クリームだけで済みます。皮膚科での治療に比べ高額な治療費が必要になったりはしないですし、他に必要となる物もありません。

赤ちゃんができると成長するスピードに合わせて洋服を購入したり、おもちゃや病院代だと色々と出費が重なることもあります。他にも夜泣きによるストレスや急な女性ホルモンの関係で、他にも肌トラブルや抜け毛など悩まされることもあります。

そのため、できるだけ出費は最小限に抑えておいた方が良いです。

肉割れを消す方法の中でも自宅で出来て手間とお金がかからないので、妊娠線クリームのみを使ってケアをしていくのが産後のママにはおすすめです。

ひどい妊娠線にはレーザー!副作用で火傷の跡のリスクはある

レーザー手術中の写真美容皮膚科のようなクリニックで行われるのがレーザーによる治療です。

人にもよって妊娠線の症状は異なりますが、あまりにひどいのであれば、レーザーでの治療を検討するのもありです。

最大のデメリットとしては健康保険は使えず、全額負担となるので治療費が総額で10万円を超えてしまうことです。1回の手術だと数万円ですが効果がすごいって訳ではないので、複数回の施術が無ければほとんど効き目を感じることはできません。

また、副作用として火傷の跡が残ってしまうリスクがあります。

妊娠線ができた皮膚の患部にレーザーを照射をする治療なのですが、熱を与えるので火傷をしてしまうこともあるのですね。最悪は火傷の跡として残ってしまう可能性があります。

副作用が心配なら炭酸ガス!注射で手術の跡が残りづらい

炭酸ガスの写真美容皮膚科での治療で炭酸ガスを使った消す方法もあります。

炭酸ガスを詰めた注射をすることで、妊娠線の原因となっている、コラーゲン繊維の回復を促します。注射針を差すだけなので、手術の跡が残りづらいですし、目立たないです。

妊娠線の症状がひどいのでクリームでのケアだけだと心配!
でもレーザーの副作用が気になるし、跡が残ったら意味がない!

このように考える人は美容皮膚科での炭酸ガスの治療はおすすめすることができます。

クリームか病院ではない!自宅ケアはどちらにせよ必要

クリームを使うか病院での治療かどちらが良いか考えてしまう人も多いです。

基本的にクリームで自宅ケアをするのは妊娠線を消したい人に共通していることです。
少しでも早く薄くしたい人や効果を実感したいって人が、自宅ケアに加えて病院での治療を行っていくのですね。

産後は妊娠線だけでなく、たるんだ皮膚を引き締める必要もありますし、美容皮膚科で治療をすれば自宅でのケアもしなくて良いなんてことはありません。

美容クリニックでの治療後には取り扱っているクリームを販売している皮膚科もあります。
結局はクリームを使ったケアは必要で、少しでも効果を求める人が手術を行っていくのです。

妊娠線の原因は皮膚の成長速度!妊娠線とは皮膚の断裂のこと

妊娠線とは皮膚の断裂

妊娠線の原因は皮膚の成長速度が遅い点にあります。

妊娠をすると赤ちゃんは急激に成長をしていきます。しかし、皮膚の中でも真皮やコラーゲン繊維はその速度についていくことができません。

だんだんとお腹も膨らんできて、張り裂けそうなほどパンパンな状態になります。
そのため、引っ張られてしまうことで皮膚が切れてしまうことで妊娠線はできます。

お腹が張ってきて痛みを感じると妊娠線の兆候ともいわれます。
妊娠線が治らないと言われるのは、真皮と呼ばれる新しく作られない細胞が切れるからなのですね。

ただ、皮膚を構成しているのは真皮だけではなく、ガタガタとなってる肌を整えることによって、だんだんと薄くなるのが妊娠線なのです。

太ももやお尻にも赤い線ができる!お腹だけが原因ではない

妊娠線の原因はあくまで皮膚が断裂をしてしまうことです。
そのため、お腹だけにできるのではなく、太ももやお尻や膝裏など脂肪の付きやすい場所にもできます。

妊娠をすると皮膚が切れやすい様々な原因が重なります。

  1. 運動不足による脂肪の増加
  2. 体重の増加による下半身の筋肉の増加
  3. ホルモンバランスの乱れによる肌の乾燥

肌が乾燥して弾力が失われた状態で、赤ちゃんがお腹にいるので体重も増えてしまい下半身への負荷も大きくなり、運動不足で脂肪も付きやすいです。

そのため、お腹だけでなく妊娠線はお尻や太ももや膝裏にもできてしまうのですね。

妊娠をすることが原因ではないので、太ったりすれば男性でもできます。
それを肉割れと呼び、たとえ痩せていて太っていなくても筋肉の増加でもできてしまうのですね。

最近の記事

  1. 薬局の妊娠線クリームについて
  2. 妊娠線の痛みについて
PAGE TOP