胸やお尻や太ももの妊娠線

妊娠線の症状

胸に妊娠線ができた!お腹だけではない妊娠線が胸やお尻や太ももにできる原因

気づいたら胸の辺りに妊娠線ができることがあります。

妊娠線と言えばお腹にできる物ってイメージが強いです。
実際、下腹部や上腹部にできる人が圧倒的に非常に多くなっています。

しかし、あくまで赤ちゃんの成長でお腹にできるのは原因のひとつでしかありません。根本的な原因の部分が抜けているので、お腹に出来ると認識がされてしまっています。

雑誌や妊娠線クリームで出てくる紹介写真でも、ほとんどがお腹の部分にあるのだけです。
ただ、それは腹部は症状がひどくなりやすいので、その部分を紹介しているだけでしかありません。

妊娠線ができた後にケアをしたいのであれば、まずは原因を正しく理解して、ケアと原因の解消を行う必要があります。
あなたが胸やお尻や太ももに妊娠線ができて、どうにかして消したいと考えているのであれば、ご覧ください。

妊娠線の原因はからだの成長

妊娠線の原因はからだが成長をして、体系に変化が起きたことです。

腹部にできやすいは赤ちゃんが成長することで、急激にお腹が膨らんでしまうからです。しかし、根本的な原因は成長による体系の変化です。

妊娠をしていなくても成長期の学生でもできますし、男性でも急激に変化をすればできます。

妊娠線は妊娠をすると圧倒的にできやすいですが、それは急激に体系が変化をするからでしかありません。

ホルモンバランスの変化・運動不足・ストレス・胎児の成長といくつもの原因となる要素が集まっている時期が、妊娠中なのですね。

胸やお尻や太ももに妊娠線ができる原因

お腹の次に胸・太もも・お尻の順に妊娠線はできやすいとも言われています。

これらの部分に妊娠線ができる原因は脂肪の増加や筋肉の増加です。
妊娠中は運動不足だけではなく、ストレスなど生活習慣の面でも、新陳代謝は低下をしてしまいます。

そのため、赤ちゃんの成長だけではなく、脂肪の増加によって体重が増加をする人が大半です。

胸やお尻や太ももは脂肪または筋肉が付きやすい部分でもあります。
そのため、お腹だけではなく、胸にも妊娠線ができてしまうのですね。

妊娠をしていない女性や男性の場合は肉割れの名称が使われることが多いですが、両方とも同じ症状のことになります。

胸やお尻や太ももの妊娠線を消す方法

お腹であろうが胸やお尻や太ももの部分であろうが、根本的な原因に変わりはありません。
そのため、ケアの仕方も基本の部分は同じです。

妊娠線クリームの中でもアフターケア用を使ってケアをしていきます。
また、それだけではなく原因の解消である、脂肪の増加を防ぐことが必要です。

特にレジストリルやアセルデカペプチドのような、妊娠線に良いとされている成分が含まれているクリームを選ぶのがおすすめです。
肌の保湿をするだけでなく、切れたコラーゲン繊維の修復を促すような成分が、アフターケア用には配合されています。

クリームのケアだけでなくダイエットで体重を減らす理由

お腹であれば出産をした産後は膨らみも一気にしぼんできます。
しかし、胸やお尻のような部位の妊娠線は脂肪の増加が原因となっています。

そのため、更に体重が増加をしている状況の人もおり、原因を与え続けてしまっていることになります。
クリームでいくらケアをしても、効果を実感できるどころか、更に悪化をしてしまう可能性もあるのですね。

産後は保湿力や保水力を考えて作られた妊娠線クリームで、たるんだ皮膚を引き締める為にケアをしていきます。
一緒にお腹以外に妊娠線ができた部位もクリームでケアをするようにしましょう。

まだ、予防目的のや市販の保湿クリームを使っているのであれば、アフターケア用に切り替えるのがおすすめです。

最近の記事

  1. 胸やお尻や太ももの妊娠線
  2. 薬局の妊娠線クリームについて
  3. 妊娠線の痛みについて
PAGE TOP