薬局の妊娠線クリームについて

妊娠線クリーム

薬局やドラッグストアの妊娠線クリーム!市販のは消す用か予防用なのか?

妊娠線クリームを薬局やドラッグストアで探す人は多いです。
マツキヨなどの大型ストアから薬局をはじめ、様々なクリームが販売されています。

しかし、妊娠線に使うクリームと言っても、消したい人もいれば、予防したい人と2通りです。

「妊娠線クリームってどこで売ってるんだろう・・・薬局で良いのかな?」
「ドラッグストアのクリームなら安い・・・予防や消すのに使える?」
「予防なら保湿クリームでも良いんだよね・・・実際はどうなんだろう?」

様々な悩みがでてくるものですが、あなたが消したいのか予防したいのかにもよって異なってきます。

薬局やドラッグストアのクリームは安いのでおすすめすることができます。
しかし、それはあなたがすでに出来たのか妊娠初期から中期で予防をしたいのかによって異なってきます。

この記事では薬局やドラッグストアの妊娠線クリームについて紹介しています。

薬局やドラッグストアのクリームは保湿目的のボディクリーム

薬局のは保湿クリーム

薬局やドラッグストアでは妊娠線クリームとして販売しているのを、取り扱っていることは少ないです。
しかし、だからと言って問題がある訳ではありません。

あなたが予防をしたいのであれば、薬局で販売しているクリームはおすすめすることができます。

実際に店舗におとづれてみればわかるのですが、多くがボディクリームとなっています。
大手ドラッグストアの「マツモトキヨシ(マツキヨ)」はオンラインストアもありますが、ボディケアにあるのは保湿や角質のみとなっています。

店頭で市販されているクリームの多くは保湿目的のボディクリームなのですね。
だからと言って予防に問題がでてくる訳ではありません。

マツキヨのボディケアのオンラインストア

妊娠線の予防目的としてなら薬局のは安いのでおすすめ!

そもそも妊娠線にクリームを使う目的は保湿をしてハリや弾力を高める為です。

妊娠線の原因は胎児が成長してお腹が張った状態になり、皮膚が切れてしまうことです。そのため、保湿をすることで弾力を高め、切れずらいようにする為にケアをしていきます。

妊娠線の予防をしたいのであれば、最も大事なことは保湿をすることなのですね。

そもそも妊娠線はクリームでケアをしたとしても、発症をする人は多いです。別名で肉割れとも呼ばれますが、太ってしまう人に比べ妊娠は急激にお腹が大きくなってきます。

そのため、たとえ予防をしたとしても結局は白い線や赤い線ができてしまう人がほとんどです。
目的が保湿なので予防をしたいって人であれば、安いのでおすすめすることができます。

消したい人用がアフターケアクリーム!薬局やドラッグストアでは販売していない

妊娠線クリームを探す人の中にはすでに出来て消したいって人もいます。
もしもあなたがそうなら、保湿目的のボディクリームはあまりおすすめできないです。

妊娠線は自然と薄くなる症状ではありますが、目立たなくなるまでには数年や数十年かかってしまいます。女性の大事な20代や30代を無駄にしない為にも、多くの人ができた後には、しっかりとケアをしていくのが一般的になっています。

ただ、自然とすぐに良くならないことからも分かるように、即効性のある方法もありません。
簡単に症状が改善されるようなことはないのですね。

そのため、消したいって人であればきちんとアフターケア用のクリームを使うのがおすすめです。

妊娠線用のクリームは予防にしろアフターケアにしろ、ほとんどが通販での限定となっているのが多いです。
アフターケアなら薬局やドラッグではなく、通販で探すようにしましょう。

消す方法やアフターケアクリームについては下記をご覧ください。

薬局で市販のクリームで予防したい人におすすめがニベアやバイオイル

ニベアがおすすめ

妊娠線を予防したい人で薬局で探しているのならおすすめは2種類あります。

  1. ニベアクリーム
  2. バイオイル

この2つはどの支店へ行っても小さいお店でも販売がされています。
最大の特徴としては価格が安いし、評判も良いことです。

多くの妊娠線を予防をしたい人が利用をしており、保湿をすることができます。
そのため、ドラッグストアのクリームを探している人で予防をしたいのなら、ニベアやバイオイルはおすすめすることができます。

最近の記事

  1. 薬局の妊娠線クリームについて
  2. 妊娠線の痛みについて
PAGE TOP